blog

診良日記


診良日記 2021.10.30

“想い”を学ぶ社内研修

ぬいぐるみ診良所のホームページをご覧の皆様、こんにちは!

毎年衣替えのシーズンになると発生する、「去年の今頃、私何着てたんだ?」現象。でお馴染みのぬいぐるみ診良所事務員のワタナベです。

 

いつもこんなゆるりとしたワタナベですが、先日はなんと社内研修の講師をしておりました~。

 

実はぬいぐるみ診良所を運営しているのは、洋服直しの店舗を関東圏を中心に展開する「株式会社アンコトン」。

アンコトンでは、洋服への真っ直ぐな想いと技術を持ったスタッフたちがたくさん働いています。

 

そんなアンコトンの社員たちに、ぬいぐるみ直しの専門部門である「ぬいぐるみ診良所」から、

ぬいぐるみをお客様からお預かりし治療をさせていただく上での心構え等をお話させていただきました。

 

 

※以下、ワタナベ事務員のスマホが低スペックすぎるゆえに画質の悪い画像が登場しますがご容赦ください……。

 

 

 

一応資料なんかも用意しちゃったりなんかして。

 

 

 

そもそも今回の研修の柱は、「洗濯バサミを使った猫のクリップ作り」なのです。

作品作りを通して、その子に対する“想い”という感覚を養ってもらおうかと。

 

これは研修前に作った試作ネコちゃん。↓

 

 

体の中に洗濯バサミが入っているので、クリップのように使えます。

 

 

シンプルな型紙を縫い合わせ、中に洗濯バサミと少量の綿を入れて、後はお顔などを装飾するという簡単な作りではあるのですが、

 

作り手や素材によってなかなか個性ある仕上がりになっちゃってこれまた面白い。

 

 

見本として連れてこられたネコちゃんたちもせっせと準備を手伝ってくれました。

手前:ワタナベ事務員 作

奥:ノヒラ先生 作

 

 

研修に参加してくれた社員さん、綿入れ中。

 

 

綿はネコちゃんのお顔はもちろん、体の形も左右する大事なポイントなのです。

洗濯バサミの隙間を埋めるようにバランス良く入れるのが難しい……。

 

全体の形が仕上がったら、お顔のパーツ付け。今回用意したのは、

目やお鼻に使う黒ビーズと、

 

 

 

 

色とりどりの刺繍糸♪

 

目や鼻はビーズはもちろん、刺繍で表現したってオーケー。

また、刺繍糸はおひげや手足の模様に使うのもアリですね。

 

 

ちなみにワタナベ事務員は、勝手に自分用としてキラキラのビーズを用意してみました(笑)。

どんなおめめになるかしら。

 

目の位置を決めるときは、待ち針などを使ってイメージをします。

お顔の印象に大きく関わる重要ポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、ワタナベ講師含む参加者みんなのネコちゃんが完成~~~!

 

 

と、これだけでもいいのですが、せっかく出来上がったこの子たちと、ぬいぐるみらしいもうひと遊びをしてもらおうと思い、

 

ちょっとした撮影小道具なんかも用意しておりました。

今の100円ショップってすごいですね。ミニサイズの小物から、撮影用の背景に使える柄のペーパーまで揃っているんです。

 

 

 

というわけで!!撮影した可愛い可愛いネコちゃんたちを見ていきましょう♪

 

 

Yさん作:レモンイエローが爽やかなネコちゃん

 

 

 

Tさん作:秋にピッタリのお洒落なネコちゃん

 

 

 

ワタナベ(講師)作:キラキラおめめのキュートな……

 

 

 

 

 

ん?なんか君、腕がやたらムキムキしてない??

/   ン~マッチョ♥   \

 

 

 

 

 

 

 

Oさん作:ぴょこんと立ったツノ……じゃなくて耳が愛おしいネコチャン星人。

 

 

/   コレボクノ   \

 

 

 

 

ほぉら、本当に個性豊かに仕上がっているでしょう?

 

(^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洋服以外にも、お客様と人生を共に歩んできた大切な存在はたくさんあります。その一つであるぬいぐるみは、特に家族のように、毎日大切に一緒に暮らしている方も多いかと思います。

毎日一緒にいる大切な“家族”と数ヶ月離れる寂しさ、優しく扱ってもらえるだろうかという不安、

 

そして、元気になった姿で再会できた瞬間の喜び……。

 

そういったご家族様のお気持ちを理解し、寄り添えるスタッフとなっていただくために、今回の研修を行いました。

 

あれこれと苦戦しつつも工夫を凝らして生まれた愛情たっぷりのネコたちは、参加してくれたスタッフ達がこれからアンコトン及びぬいぐるみ診良所に関わっていく中での良いパートナーとなってくれるでしょう!

 

 

 

[ワタナベ]