blog

診良日記


診良日記 2021.08.18

「初めてのテディベア物語」第七話『合体目前』

こんにちは!

普通のスナック菓子は一度に食べきれない量なのに、チャック付きのお菓子は食べきれるサイズ感な矛盾。でお馴染みの、ぬいぐるみ診良所事務員のワタナベです。

 

さて、ワタナベが取り組んでいる小さなテディベア作り、今回は手足の綿入れに入ります。

 

まず、手足には、綿を入れる前に行う作業があります。

それは、ジョイントの装着です。

ジョイントとは、テディベアの首や手足の付け根など、動かせる部分に使用されている部品です。

 

ジョイントは、

(写真左から) ボードピンワッシャー

の3パーツで1セットとなります。

今回使用するのはハードボードジョイントなので、ボートはプラスチックではなくパルプ製です。

 

 

 

テディベア内部でのセットの仕方。↓

 

 

ジョイントで手足などを動かす際、ピンの根本でボードがすり減ることがないよう、ワッシャーを挟みます。

 

 

実際に手足にジョイントを差し込んでいきましょう!

 

予め、内側(体側)の生地に穴をあけます。

 

 

あけた穴に内側からピンを入れて、

 

 

綿を均一に詰めながらジョイントの位置も固定していきます。

体側の生地とボードの間はピッタリとくっつくよう、綿が入らないよう注意。

 

 

入れ方次第で作り手に似て二の腕や太ももがムッチムチになってしまったりするので気をつけましょう!

左右バランス良く形作っていきます。これは「手芸」というよりは「造形」に近い感覚ですね……。

 

 

 

こうしてできたムチ腕&ムチ脚ちゃん。↓

 

 

 

 

 

 

う~ん、今にもガシャーンと合体し始めそう!!

 

 

 

 

……なわけはないので、引き続き地道に作り進めていきます♪

 

次回の更新もおたのしみに☆

 

[ワタナベ]